受験された皆様、お疲れ様でした。
今回の試験は、制度変更前最後の試験でございましたが、その影響か非常に難しく、合格率も非常に低いものでございます。

私自身も今回の試験を実際に受験しておりますので、受験生目線で解説しようと思います。

第157回 日商簿記2級の試験内容

今回出題された問題は簡単に説明すると次の通りです。

第1問 仕訳5問(配点20点)
1.売買目的有価証券の売却と端数利息
2.手形の更改
3.仕入割引
4.修繕引当金(収益的支出と資本的支出)
5.その他有価証券の税効果会計

第2問 リース会計の総合問題(配点20点)

第3問 製造業の損益計算書(配点20点)
※一部貸借対照表含む

第4問 費目別計算の仕訳(配点20点)

第5問 標準原価計算(シングル・プラン)(配点20点)

第157回 日商簿記2級の難易度

今回の試験は、比較的簡単な第1問、第4問、第5問で点数を確保、第2問、第3問は部分点を稼ぐことが合格のカギとなりました。

第2問の処理が非常に面倒で、非常に時間のかかるものでした。
試験終了後にTwitter上では「リース資産を燃やすな」との多数のツイートがあり、私自身も非常に共感いたしました。

また、第3問は製造業の財務諸表が出題されており、3月の取引と決算の処理をする必要がありました。

第1問10分、第4問15分、第5問15分の合計40分程度でそれぞれ解ける難易度でしたので、残り80分で第2問と第3問をじっくり解けると良いペースかと思います。

なお、試験内容(問題)の解説は「パブロフ簿記」様の記事よりご確認ください。
https://pboki.com/pass/157boki2.html

第157回 日商簿記2級の合格率

日商簿記検定の合格率は各商工会議所で集計されたのち、全国平均が公表されます。

2021/04/26更新

公表された合格率は約8.6%でした。
これは過去最低の合格率であり、直近10年間の平均合格率が28.27%、直近5回の平均合格率が22.36%であることを考えると、非常に低い合格率でございます。
日商簿記1級の平均合格率が10%前後ですので、1級に並ぶ合格率ということになりそうです。

私自身が受験した堺商工会議所では、12名が合格しておりました。
堺商工会議所では合格率が公表されておりませんが、受験番号から見て最低でも120名は受験していましたので、こちらの合格率も10%未満であると推測できます。

行政書士試験一発合格者が合計学習時間「約50時間」で受験した結果。

冒頭より私も受験した旨記載しておりますが、業務の都合で学習時間をあまり確保することができず、合計学習時間は57時間(下記ツイート参照)でした。

私自身、個人事業者の記帳代行業務を受任しております。
他の受験生に比べて実務経験はございますが、正直直近で詰め込んで挑んだ試験となりました。

先日、合格発表があり、無事合格しておりました。
初受験でこの難易度は正直驚きました。
決して高得点と言えることではございませんが、工業簿記(問4と5)で満点を取ることができ、なんとか合格というところです。

第157回 日商簿記検定2級 まとめ

今回の試験は例年(通常)と比べものにならないレベルの難易度だったかと思います。
ネット試験では今回の第2問や第3問のような問題は現時点で出題されていないとのことですので、ぜひ諦めずにネット試験でリベンジしていただけたらと思います。

私自身、1級にも挑戦予定です。
Twitterでは行政書士試験や日商簿記に限らず、様々な情報発信を行っておりますのでぜひフォローお願いいたします。

煩わしい作業は一切不要!資料丸投げ可能な記帳代行とは。

日々の経理処理で「頭が痛くなった」「結局どうすれば良いのかわからない」「やり方はわかっているが時間がかかって本業に集中できない」などとお困りの経営者様。

ゆーき会計サポーターではそんなお悩みを解決するサービスを提供しています。

弊所に記帳代行を依頼するメリット

弊所では、個人事業者様向けの記帳代行サービスを提供しています。
単発のご依頼はもちろん、1年以上の継続したご依頼も可能です。

メリット① 煩わしい作業は一切不要!資料を丸投げいただけます。

売上台帳、通帳の写し、領収書、請求書を1カ月ごとに弊所に丸投げしてください。
記帳にかかわる煩わしい作業から経営者様を解放致します。

メリット② 事業の経営状況をしっかり把握できます。

月々の資料をもとに財務会計のプロが会計帳簿を作成することにより、入力漏れや誤った処理をなくすことができます。
また、キャッシュフローのみならず、売上の月次推移、経営成績を正確に把握することができます。

メリット③ お客様のアカウントに直接記帳いたします。

弊所は個人事業者様の記帳に特化したサービスを提供しております。
個人事業者様の会計ソフトシェアNo.1のやよいの青色申告オンラインを利用し、他の記帳代行サービスにはない「お客様のアカウント」に直接記帳する方法にて提供しております。
これによりお客様自身で事後修正が可能な他、確定申告書の作成も簡単な操作のみで可能となり、経営者様の時間負担を極限まで減らすことが可能となります。

現在初年度無料キャンペーン実施中!やよいの青色申告オンラインはこちら

メリット④ 経験豊富な行政書士試験合格者による記帳

弊所の代表者は行政書士試験に合格しており、記帳代行経験も豊富でございます。
これまでにご依頼いただいた事業者様の一例を「はじめに」に記載しておりますのでご確認ください。

メリット⑤ 月額2,200円〜 事業規模に合わせた料金設定

弊所ではこれらの記帳代行サービスを月額2,200円(税込)よりお受けしております。
事務員を雇うコスト、経営者様の煩わしい作業からの開放と比較いただき、ご依頼の可否を判断いただければと存じます。
詳しい料金は「料金表」をご確認ください。

お問い合わせ

弊所へのご質問・ご意見がございましたらお気軽にお問い合わせください。
サービスのお見積り依頼・ご相談はお問い合わせフォームの他、
お電話またはメールでもお受けしております。